環境の重要性

フィールドシフトでは、環境との関係性を重要視しています。

 

私たちは、無意識的に周囲の環境と相互作用をしているからです。

 

身体の健康を考えたときにイメージがしやすいのですが、
空気の悪いところにずっといると、肺や呼吸器がダメージを受けてしまったり、
質の悪い食べ物を食べてしまうことで、体を壊してしまいます。

 

身体は物質的に目に見えたり感じたりできるのでわかりやすいのですが、
情報や生き方、教育といった目に見えない循環はわかりにくいのです。

 

子供の頃は変化が顕著に表れるので対応もしやすいのですが、
大人になるにしたがって、環境に合わせることを学んだり、
関係性に悩まされ、考えたくなくることも多くなるので、
なかなか環境に対する意識が育ちにくくなってしまいがちです。

そして、まじめな人ほど、
「自分が問題だ」というように自分を責めてしまったりします。

 

よくよく関係性を整理してみると、
ほとんどの問題は「イメージのズレ」です。


ほんのちょっとのイメージのズレがどんどん大きくなってしまい、
取り返しがつかないような大事になってしまっていることが
結構あります。

整体などの名医も、症状があらわれているところをみるのではなく、
身体のどこがずれてしまっているのかを見極め、
そのズレを整えることで全体の循環を高めていく治療をされます。

 

ですので、自分と環境とのズレが起きていないかを
定期的にチェックすることは非常に重要ですし、
問題解決だけでなく、問題の予防にもなります!

 

自分にとっていい環境を提供してあげることは
長期的に見てもとても大切なこと。

自分から出て、視野を広げてみる習慣をつけてみましょう。

 

「孟母三遷の教え」という有名な故事があります。

《「古烈女伝」母儀・鄒孟軻母から》孟子の母は、はじめ墓場のそばに住んでいたが、孟子が葬式のまねばかりしているので、市場近くに転居した。ところが今度は孟子が商人の駆け引きをまねるので、学校のそばに転居した。すると礼儀作法をまねるようになったので、これこそ教育に最適の場所だとして定住したという故事。教育には環境が大切であるという教え。また、教育熱心な母親のたとえ。三遷の教え。
<コトバンクより転載>

 

あなたは、自分の周囲の環境とどのような関係性になっていますか?

 

大人になった今だからこそ、この故事がまた意味深く感じられると思います。

 

環境との相互作用、時々確認してみてくださいね!
そして、自分自身をしっかりと育てていく意志をもって、
自分にとって必要な環境を選択していきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA