即効!自分を大切にするために必要なこと

こんにちは!折笠です。

最近はリトリート効果もあり、
習慣化やタイムマネジメント系の本を読んだり、
自分自身の生活に取り入れたりしてみています。

その中で、最近改めて効果があるなと思っているのが
「自分を大切にする時間を取る」というポイントです!

実は、私はこれが苦手なんですね。

それは、
「どーしても、自分を甘やかしているって感じてしまう」
からなんです。。。

あと、頼まれたことを断れないという癖が強かったので、
ついつい無理をして引き受けてしまうということがよくありました。

そんな時に、ちょっと観点を変えてみたら、
「人に貢献するためにも、自分をしっかりとメンテナンスしないとだめだ」
と思えるようになりました。

あなたは、自分を大切にしていますか?

長い人生、最初から最後まで共にいるのは自分です。
この自分自身を大切にできなくなってくると、
様々な問題が起こります。

身体を休ませてあげることができなければ、
疲労が蓄積してやがて病気となってしまいますし、

心を休ませてあげることができなければ、
ストレスが蓄積されて、やはり鬱病やメンタルの不調となって
身体にもダメージを与えてしまうことになります。

「自分自身を忘れくらい(無我状態)、何かに集中する。」

最高のパフォーマンスを発揮できる状態をフロー状態とか
ゾーン状態とか呼ばれますね。

アスリートや生産性高く働ける人たちは、
「フロー状態やゾーン状態に入りやすくするための環境整備」を
しっかりと行っているのです。

 

つまり、パフォーマンスの高い仕事をしている人は、
パフォーマンス高く仕事ができる環境を整える能力が高いと言えます。

 

そのための一つのポイントが、

「自分自身のための時間を優先して取っておく」ということです。

人と過ごす時間は大切ですが、
それ以上に自分自身のスケジュールを優先的に確保しておくのです。

他人以上に自分を大切に扱ってあげる

このことが上手にできないと、
いつも周囲に合わせたり振り回されたりする生き方が習慣になってしまいます。

時間の余裕がある時に休もう。と思っても、次から次へと予定が入り、
職場でも家庭でも息が休まる時がない。

そんな時間の使い方が習慣化されると、
次第に入ってくる出来事の一つ一つを
ストレスとして感じやすくなってしまいます。

「休みたいのに休めない」
「自分がこんなに頑張っているのに」
「また貴重な時間を奪われた」

こんな風に考えが走ってしまうと、
確実にパフォーマンスは落ちますし、
人間関係も円滑には進みません。

「頼まれたら断れない」
「休むのは決められた時だけ」
「仕事が遅い私が悪いんだ」
「なんでも完璧にこなさないと」

こういった習慣をお持ちの方は特に注意です。
自ら生産性を下げてしまい、ストレスをためやすくなってしまいます。

そして、時間を他人によってコントロールされているという意識は、
あなたの自主性や創造性にもダメージを与えてしまいます。

自分自身をしっかりと守る意識も大切

現代は、あまりにも情報が多いですから、
「自分自身を守る技術」がとても重要です。

不必要な情報や感情が入ってこないようにする。
時にはデジタルデトックスをする。

こういったことは、自分自身を大切にするための行為ですね。

まずは、自分自身をリセットするために、
自分自身と向き合う時間を準備する。ということを意識してください。

1日5分でも10分でも構いません。

自分自身を大切にすることで、「心の余裕」が生まれます。

何かをする前に一呼吸おけること。
ささいなことですが大きな効果があります。

余裕がある状態で人と接することができれば、
相手の話もよく聞こえるし、落ち着いて話すこともできます。

「余裕ある自分の状態をキープする」
一歩立ち止まって、自分自身の状態を振り返る習慣を作っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA