自己紹介

人間の可能性とは何か?を追求してきました。

はじめまして、折笠守拙(おりかさしゅせつ)と申します。

私は大学時代に歴史地理学を学び、その中で、
「人間の行動と環境との関係性」
に興味を持ちました。


例えば、森の中に暮らす人たちと、砂漠で暮らす人たちは
当然のように考え方や生き方にも差が出ます。
また、同じ地域に住んでいたとしても、
その人が
「自分をどう思うのか」
「どこまでを自分事として考えるのか」
「どこまでの力を利用することができるのか」
などの環境要因によって、考え方や生き方に大きな差が生まれます。


このように、私たちは 1 人 1 人、
同じ生き方をしているようで実は全く違うイメージをもって生きています。
さらには、誰もが「問題」と出会い、「悩み」を解決したいと思っています。

様々な問題や悩みがありますが、
問題と悩みを抱えているという点においては、みな共通なのです。


私は、この「イメージの範囲=限界」が、
あらゆる問題が生まれる原因ではないかと考えるようになりました。
世の中には様々な分野の研究や実践、技術がありますが、
その中から私が追究を続けてきたのが

 

「なぜ問題が生まれてしまうのか」「人間とは何なのか」「自分とは何なのか」

 

このポイントを明確にする本質的な学びの研究と体系化、
現実への応用と実践を 17 年に渡って行ってきました。


17 年間の中でセミナー講師や1:1のコンサルタントとして、
5000 人を超える方々と関わらせていただきました。
短期的に関わった方から、
数年以上にわたって関わらせていただいている方もいますが、

 

その実戦と経験の中で、
「変化のポイント」
「変化が起きにくい人の特徴」
「変化を妨げる要因」
「素晴らしい生き方を送っている人たちの共通点」
などを整理整頓した結果が「フィールド」という概念なのです。


変化が起きにくいケースの特徴を一つだけ挙げるとすれば、

あまりにも「私=自分」というイメージに執着してしまうことです。


「私が問題だ」
「私はこんな人間だ」
「私はこんな生活や人生を送りたい」
「私にはこれができる、あれができない」など


人間は社会的な存在です。関係性を無視することはできません。

ですがこのように、「自分が中心」で考えすぎてしまうことで、
周囲の関係性や変化に関心が向かず、
結果として周囲からの評価や反応が向上せず、
また「自分自身」に問題があるという負のループにはまってしまうのです。

大切なのは、あなただけの人生はありえない。ということです。


あなた+周囲の関係性(環境)=フィールドが自分なのです。


そのため、より変化の質と速度を高めるため、
フィールドという概念から出発できるように体系化しました。

出会いによって人は変わる。


フィールドとは、場と訳されます。
先ほど範囲、限界という単語も使いましたが、似たような意味です。


つまり、自分自身の内面のフィールドとしては
自分について、どこまでの範囲を理解・イメージしているのか。
人生について、どこまでの範囲を理解・イメージしているのか。
人間について、どこまでの範囲を理解・イメージしているのか。
といったものがあり、

そして自分以外の関係性というフィールドでは
どんな人、モノ、情報と、どんな交流をしているのか。
どこまでの時間軸や、空間軸をイメージして行動しているのか。
一つ一つの出会いにどんな意味付け、価値付けをすることができるのか。
といったものがあげられます。


私たちは、ついつい、この「身体の自分だけ」を基準に考えがちなのですが、
実は自分と人生を決めているのは、「どんなフィールドを持っているのか」なのです。

 

今までの人生の積み重ねによって、あなたのフィールドが出来上がっています。
このフィールドが、
1.どのようにできたのか(カウンセリング)
2.どのようなフィールドにしていきたいのか(コーチング)
3.そのために、どのように変化を実践していくのか(コンサルティング)
というステップを繰り返していくことによって、
あなた自身の力によってフィールドを拡張、進化することができるようになります。

 


それが、「フィールドシフト」という概念です。

 

今ここ、誰もが新しい「出会い」ができる

このフィールドシフトの知識と技術を使い、
1人1人が、自分の無限の可能性を花開かせるお手伝いをさせていただきたい。

その1人1人の変化が連鎖して、
今までの時代にはない新しいライフスタイルと
関係性のモデルが生まれていくこと。

そして、認識の変化から、意識の変化が生まれ、感動と感謝が溢れる未来社会を作ることに貢献していくことを自分のミッションとしています。

 

人間の可能性・価値、あなたの可能性・価値をもっともっと高めていくため、
これからも日々精進していきます。

 

フィールドシフトについて、より詳しく知りたい方は、

お問い合わせよりご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

================

折笠守拙(Shusetsu Orikasa) 

フィールドシフトコーチ

筑波大学にて歴史地理学を学び、物事を成り立たせている仕組みと関係性に興味を持つ。

システムエンジニアの職へて、人間の可能性を開く教育の仕組みを作りたいと、人材教育事業へと転職。

教育コンサルティング系ベンチャー企業にて、20代の頃より講師を務め、わかりやすい説明とユーモアあふれる講義スタイルで人気講師となる。本質的に全体を洞察する能力と、1人1人の個性や可能性を見定める能力の高さから、1:1でのコンサルティングや教育プログラム開発にも精力的に取り組む。

NPO法人での活動、司会やファシリテーター、イベント企画など多様な職種をマルチに経験し、人の心をつかむコミュニケーションスキルや場づくりのスキルも追求。

人生を豊かにするために、より身近で、人生の全般的な流れを共有しやすい独自のコーチングスタイル、フィールドシフトコーチングを開発し独立。

より一人一人の変化に深く寄り添うことを目指し活動中。